スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

★53★





心が浮かれているのが分かる。
なんか、ドキドキソワソワしてきた。

駅の近くでG君と待ち合わせをした。
どこに行くか迷っているG君が可愛かった。

『どうしようか…俺、いつも車だからよく分からない。女の子ってどういう所がいいもんなんだ!?』

素直に聞いてきて、母性本能をくすぐられた。

『これも作戦!?百戦錬磨のG君だから、分かるでしょ~!?』

『やっぱり俺そう見えるか…確かにティナちゃんをあんな形で誘ったけど、俺、そういう男じゃないぞ!!』

ずっと軽い感じだったのに、悲しそうな顔で言う姿に萌えた。

『あ、ごめんなさい。いや、ただモテる雰囲気あるよなって思っただけなんで気にしないで!!よしっ!!酒飲もう、酒を!!』

『え!?ティナちゃん飲めるの!?』

『もちろん!!酒の為に生きてるって言っても過言じゃない!!』

『ティナちゃん、面白い奴だな(笑)よしっ!!飲むか!!俺は車だから飲まないけど、ティナちゃんに付き合うよ!!』

街中の個室居酒屋に入った。
薄暗い照明で、急に二人きりになって、よくよく顔を見たら、思ってた以上にイケメンだった。

この私が…
どんなに複数の男性と付き合っても、旦那以上の人は居ないと思っていたのに、旦那の影が消え失せそうなくらい、G君は素敵だった。

G君は、怪しい者ではないと証明する為に名刺をくれた。外見に合わず公務員だった。

私も営業マンの血が騒ぎ、名刺を渡した(笑)

『ティナちゃん、名刺の渡し方違うよ!?(笑)』

しばらく、個室居酒屋の一室で名刺の渡し方の練習が繰り広げられた。

酔いが回り、凄く楽しくなってきた。

G君は、真剣な顔で話し出した。

『ティナちゃん、俺の事まだ怪しんでる??今日の今日だから、仕方ないよな。俺さ、ティナちゃんの警戒が取れるまで待つから、これからもこうして会ってくれますか?』

『私で良ければ、よろしくお願いいたします。』

『今、よろしくって言ったよね!?付き合ってくれるって事でいいんだよね!?』

『え…付き合うのは話が違う…』

『…なんで。やっぱり俺じゃダメか。出会いが軽過ぎだよな…』

G君は、寂しそうな声で聞いてきた。

『違う違う、警戒はもうしてないし、私G君に興味持ってます。でも私、2歳の子持ちで最近離婚したばかりなんだ。なんていうか、真面目に付き合おうって言われると、相手に申し訳なく思うから、付き合うっていうより、仲良く居れたらなと思って。』

『そうだったんだ…俺もバツイチなんだよ。子どもも今は5歳。もう会ってない。元妻に男が出来て、親権もろとも持ってかれた。元妻への気持ちはどうでも良くなったが、子どもに会えない事が辛くて。俺、確かに離婚した時は遊びまくったけど、そんな事しても傷が癒えなかった。誰も信じられなくてさ、女とか要らねーわ!!って思って生きてきた。裏切られるとさ、ダメなんだよね…信じるのも人を好きになるのも、怖くなって出来なくなる。家族になったって、自分の思いだけじゃダメなんだよな…相手が他向いちゃったらどうしようもないもんな。普通の家族の幸せを望んでたのに、相手がそうじゃないってなったら、無理だもんな。普通って難しいのかもな。こんなに人間嫌いになった俺だけど、ティナちゃんと会った時、子どもの頃の何も知らなかった時の気持ちのように、ティナちゃんと仲良くなりたいと素直に思えた。』

『そうだったんだ。G君もバツイチなんだね。子どもと会えないのは辛いね。私も旦那の不倫で離婚したの。普通に家族の幸せを望んでたけど、相手がそうじゃないから、やっぱり無理だと思った。家族での生活は凄く楽しくて、凄く辛かったから、もう結婚とか付き合うとか、人と仲良くなる事が怖い。』

『ティナちゃん、バツイチがなんだ!!クソッタレ精神でいこう!!全然引け目に感じる事じゃないぞ!!』

『ティナちゃんの子どもは男の子??女の子??旦那は今頃、後悔してると思うな。』

『そうそう!!バツイチだって人間だ~!!!負けないぞ~!!!子どもは男の子。旦那は、自分の子ども捨てても、相手の女の子ども3人と一緒に暮らす方がいいって言って居なくなったような人間だから、後悔なんてしないと思うよ~!』

『男の子か!!今度、子どもと一緒に遊ぼうよ!!旦那、今は良くても、絶対に後悔する日が来る。俺は、捨てられた側でこんなに辛いんだもん、捨てた側で会いたい気持ちが出てきた時、取り返しもつかない事をしてしまった事に気付いた時、後悔の念に苦しむと思う。ティナちゃん、頑張ろうな!!』

『そういうもんかな…うん頑張ろう!!』

この日はいっぱい飲んだ。お互いに同じ境遇だった事を知り話が尽きなかった。飲み過ぎて、とうとう終電を逃してしまった。

母親からメール。
『明日、息子君を連れて姉の家に行ってお泊まりするから、息子君は2日くらいお兄ちゃん組と遊んでもらえるよ。ティナ、ダメとは言わないけど、大人なんだから、わきまえて節度ある行動をしなさいよ。』

母親には、頭が上がらない。見透かされている。

『ごめんなさい。息子、久し振りに遊べるようで良かった。ちゃんとしないとね。』

『とにかく今は仕方ない。ティナが元気じゃなければ、意味がないから。ただ、大人なんだから、母親なんだから、そこだけは忘れずに楽しみなさい。』

『ありがとう。』

メールを終えた後、終電を逃してしまい、頭の中でどうしようか考えていた。

週末で、お互いに次の日は休みだった。

『ティナちゃん、送るよ♪』

『でも、ここからはG君の家と反対方向だし…』

『夜中に女の子一人残して帰る訳にいかないでしょ。ドライブ好きだから、方向とか関係ないよ。』

『ありがとう。』

夜のドライブ。
シラフで酔っ払いを相手に運転しているクールなG君、カッコ良かった。

酔いもあったと思う。
G君に抱かれたいなと思った。
キスだけでもいい…
G君は、そんな風に思わせてくれる程、男の色気がタップリだった。

私の復讐計画が自分のせいで消えていく…
誰も愛さないと思っていたのに、G君に気持ちを持っていかれてる…

車に乗りながら、そんな事を考えていた。

やっと家まで到着。
でも、G君が引き止めた。

『ティナちゃん、ここは地元!?ずっと住んでた!?』

『地元だよ。高校卒業まで住んでたよ。』

『じゃあ、車止めてゆっくり話せるスポット分かるよね?ちょっと話さない?帰したくないというか…離れたくない。少しだけでも長くいたくてさ。』

『いいよ。じゃああっちに向かって!!』

海の見える場所…
元彼や旦那と行った事のある場所…

結局、朝方までずっと話をしてた。
もう一度、付き合ってほしいと告白された。
私は、喜んで受け入れた。
そして、お別れ。
なんだか辛くなった。

『ティナちゃん、俺、毎日会いに行くよ!!車だと2時間くらいで行ける、遠くないよな!!今日もちょっと寝たら、夜に会いに行くよ!!』と言ってくれた。

ここから、G君との交際が始まる。



関連記事
line

comment

Secret

line

line
プロフィール

✩ティナ✩

Author:✩ティナ✩
旦那の本気不倫→離婚→復縁までの道のりを書き綴ってみようと思っています…
不倫サレ、離婚、復縁し、現在再構築中?いやもう再構築成功か!?といった感じです。

今は働いているので、更新はメッチャクチャ遅いだろうけど、思い出して辛くなる事もあるだろうけど、過去を整理しながら、昔の自分にもう大丈夫だよと言えるように、完結していこうと思います(^O^)

現在は、不倫しやがった旦那も更正し(もう信用したくても出来ないけどねっむかっって思いもなきにしもあらずですが…)私も離婚の経験から、自立を身につけ、同じ相手と2回目の結婚で家族を再スタートしております☆★

"雨降って地固まる"で、今は家族3人幸せに暮らしております♪

不倫をされて傷ついている人、頑張れ!!
真面目に生きていれば、必ず、道は拓けます!!






自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット

女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
FC2
現在の閲覧者数:
line
リンク
line
リンク
line
リンク
line
sub_line
検索フォーム
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。