FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line




今日は過去のトラウマが夢になり目が覚めた。
最近はあまり気にしていなかったんだけど、やはり悲しい。

私は、アダルトチルドレンの可能性がある、というか、
自分の育った環境が普通ではないと気付いたのが、大人になってからだった。

父親はアルコール依存性で、私が中学生くらいから働いていなかった。
50歳前後から、母親のパート代で生活していた。

だから金銭的にも余裕はなく、普通の家庭で出来る事が出来なかった。
高校生の時の奨学金も生活費に消え、高校時代は生活の為に部活を諦め、バイトをして家計を支えた。

部活をして青春時代を満喫したかった!
就職じゃなくて、大学行きたかった!
普通の家庭が羨ましかった!

情けないけど、そんな思いはいい大人になった今でもある。
母親にぶつけて、ゴメンと謝られ、言い過ぎたな、大人げないなと自分に自己嫌悪する。

今日の夢は、夜中に酒に酔った父親が洗濯竿を折った先で母親の頭を突き、
母親の頭から流血し、まだ小学生(多分高学年)の兄が救急車を呼んで、
母親が運ばれていく光景を布団の中で泣きながら見ている場面と、

高校生になった私が、酒浸りで働かず、母親に暴力を振るう父親が許せず、
母親を守るために父親に立ち向かう。
包丁を持って父親を威嚇したが、
逆に父親に包丁を奪われ首にあてられ、
母親が必死でその修羅場を止めてくれたので、
大事にはならなかったけど、父親が殺しに掛かってきた時は、
本気でやってやろうと思って興奮状態だったし、
父親もおかしくなってたので危険と判断した母親とそのまま警察署に向かい、
事情を話し、警察署で一夜を過ごすまでの一部始終な場面の二部構成でした。

どちらも、過去の本当の出来事で、やっぱりまだ消化出来てないんだろうな。

父親とは、離婚して実家に戻った際に、息子を見てもらったりはしたけど、やはり、許せていない。
早く、いなくなって欲しいと願っている。

この夢を見たからといって、今の生活に支障はないけど、あまりいいものじゃないし、
今まで感じていた、自分は普通ではないという思いが解消できるのであれば、
カウンセリングも検討しようかなと思ってる。

負の連鎖はここでおしまい、食い止める。
息子には、こんな子供時代を送ってほしくない。
旦那が不倫してしまったけど、今は改心した感じではあるし・・
夫婦喧嘩は子供の前でしないのが、夫婦で約束した事で、
一応それも守れているし、大丈夫かなぁ。

最近自分の部屋が出来て、一人で寝るようになった息子だけど、
たまには一緒に寝たいとまだ甘えたい年齢のようで、
一緒に寝ている時の安心しきった寝顔を見て、
息子は大丈夫!!本来、子供はこうあるべきなんだよねと、
過去の子供だった自分にも言い聞かせていたりしている。

今回は、ちょっと旦那の不倫と遠ざかった話しでしたが、
子供時代の環境は、本当に大事!!
自分の経験からそう思いました。




関連記事
スポンサーサイト
line




この4月から、旦那の実家で暮らしております。
一緒に仕事を手伝ったりして、ノンビリ楽しくしているけれど・・・
やっぱり、ホームシックになってきてしまった。

友達できるかな、なんて意気込んできたけれど、この辺はかなり田舎で、結束力が強い。
というか、ここに住んでいる人は、ずっとこの土地にいた人しかいないような感じだから、
全く知らない土地から来た自分は、仲良くなろうにも入るスキがない。
子供の授業参観で撃沈し、旦那に泣いて慰めてもらって、何とか復活。

また、私の地元は海の町。
旦那の実家はモロに山奥。山の町。田舎。
やはり、環境の違いの動揺は大きいなぁ。

頑張らないとな。
今は、皆が敵に見える感じ。
皆、いい人なんだけどね。
地元の人が怖い。
私は、一人ぼっち。疎外感。
お母さんに会いたい。

でも、そんなナーバスな気持ちでいたけど、大好きなKinKiKidsが、この夏に20年前のドラマの続きをやると知り、
楽しみが出てきて頑張れそうな気がしてきた!!いや、頑張る!!
#KinKiKids #未満都市



女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット
関連記事
line




G君との事で終わりを意識し、ボーッとしていた。
今日は誰とも会いたくない気分だった。

家に帰り、息子が喜ぶフレンチトーストを大量に作り、お腹いっぱい食べて、
息子と二人でシマジロウのビデオ見ながら、眠くなるまで遊んだ。

旦那の不倫。。離婚。。男。。
彼氏が出来て、息子と二人きりの時間をあまり作ってあげられなかったことに反省していた。

自分の忍耐力のなさで旦那の不倫に耐え切れず、離婚を決意し、
息子から父親を奪った挙句、男を作り、息子と関わっていなかった母親。
そんな今までの自分を客観的に振り返り、とても情けなくなった。

もしかしたら、あの時私の反応が、対応が違うものだったら、旦那の気持ちは離れていかなかったのかな。
今は、普通に家族で暮らしていれたかな。という気持ちが込み上げてきて、
隣で無邪気に笑う息子の顔を見ては泣きそうになる感情を抑えた。

保険営業という仕事柄、顧客である家族の今後について必死に向き合う素敵な旦那様を見ては羨ましく思い、
家族を継続出来なかった自分に劣等感を感じていたし、息子に対して申し訳ないという気持ちに常にさいなまれていた。

どうして、普通に暮らせなかったのか・・
どうして、家族を諦めなければ行けなかったのか・・
私、普通に家族で暮らしたかったよ。
私、お金なくても皆と家族で過ごせて楽しかったよ。
ちょっと、旦那に甘え過ぎたかな、気持ちが重かったかな。
人との距離感が分からなくなってしまったな。
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

どんなに悲しい気持ちになっても、どん底な気持ちになっても、息子の存在は大きかった。
息子が居るから生きていける、息子のおかげで危うい状態の私の命を今まで繋いで来れたのだろう。


死んでも良かった、死ぬことは怖くない。
あんなに大好きな旦那から、裏切られた現実に耐えられなかったから、
もう終わらせたかった、生きる意味なんてないと思っていた。

でも、もし息子が母親が自殺したという事実を背負うとしたらを想定すると、
いかに自分が自分勝手な考えをしているのだろうかという気持ちが強くなり、
どんなに貧乏してでも、ろくでもない親でも、お母さんを語れる年齢・・
大体息子が20歳になるまでは生きていなければと、
生きる意味をきちんと目の前で感じる事が出来たからこそ、ここまで生きて来れた。

息子と二人で生きていくんだ!!
まだ20代の頼りない母親だったけど、
自分は色恋に溺れて子供を捨てるような人間にはならないんだと強く思った。

ちょっと話がそれるけど、当時の息子も、よくついて来てくれたと思う。
ついてきてくれたって、小さい子供は親を頼るしかないであろうけど、
それにしても、こんな頼りない母親でも、普通の子達が出来た経験もさせてあげられなくて、
タカイタカイだって本当のお父さんじゃない人にしてもらったり、
預けられる事に慣れっこで、でも、それでも、よく私を嫌いにならないで、
とびきりの笑顔を向けてくれていたなと感謝をする事ばかり。

そんな息子も、今現時点で小学校中学年。ちょっと反抗期。
お父さんが大好きで、お母さんの言った事に反抗。
ちょっとその態度に寂しい感じもするけど、たまに大人であることを忘れて息子と喧嘩する事もあるけど、子
供時代にちゃんと感情をぶつけられる相手がいないとな・・それがお母さんである私の役目かなと、
今は歯痒くも、成長の証として向き合っているつもり。

ただ、旦那と喧嘩した時なんかは、ちょっと意地悪な気持ちが出てしまって、
アナタが大好きで崇拝しているお父さんは一度、アナタを捨てて知らない女の所に行ったんだよ!
と言いたくなるのを堪えているのは秘密( ´艸`)
今のまま家族が続くのであれば、息子には言わないつもりだけど・・



・・ここから話が過去日記に戻ります→
G君と、再婚は考えているようで考えていなかったんだと思う。
自分の気持ちだけだったら再婚は出来たけど、息子の事が心配だった。
息子の成長を同じ温度感で喜んでくれるのは、いくら素敵なG君でも無理、
本当の父親である元旦那しかいないと思っていたから、まだ元旦那に未練があったんだ。

元々、G君と会った時だって再婚したいなんて思っていなかったじゃないか!!
そう言い聞かせて、G君との事で自分があまり落ち込まないように予防線を張っていた。




関連記事
line




今日、もう昨日になるのか。
ワイドなショーにゲスが出たようですね。

今更、何で出てきた!?CD発売の為とな。←CD発売ではなく活動再開でした;;訂正|д゚)
もう結局、自分あるいは自分のグループの為。

不倫をしたらテレビに出さないようにしてもらいたい。
思い出したくないのに、思い出してしまう・・

サレ側の気持ちには一切配慮していない気持ちの表れ。
ベッキーに謝るんじゃなく、世間に謝るんじゃなく、元妻に謝れ!!

それでも元妻が、テレビに出て欲しいと言ったのならばまだ分かるけど。

やっぱり、不倫する人間は自分勝手。
自分の蒔いた罪の種が咲き始めたら、ちゃんと自分で刈り取らないとね。

もうベッキー含めて、表の世界に出ないで欲しいです。
不倫とか最低だよ!!




関連記事
line




G君の事がショックで、帰宅の電車でも上の空。
とにかく、G君や、メールの彼女に連絡をしないとなと思っても、
誰に何から連絡すればいいのか、思考停止していた。

電車が自宅の最寄り駅につくかつかないかのタイミングでメールがきた。

「仕事終わったか~?俺ももうすぐ仕事終わるから、終わったらティナの元に向かうよ~♪」

とG君から、まるで何もなかったかのような内容。
G君は、何も知らないのか・・?
どうしよう、何かもう今は会いたくない。
会わなくてもいい理由を考えた。

「今日は、元旦那が来る。子供に会いたいんだって。」

咄嗟に嘘をついた。
当時の私は、まだ元旦那への未練があり、
本当になって欲しいと思っていたであろう嘘だったのかもしれない。

しばらくして、G君から返事が来る。

「そうか。元旦那に会うのか。元旦那、家に入れるのか?
息子と会うだけなら、外でも会えるよな。
俺、近くで待ってるよ。まさか夜遅くまでにはならないだろ?」

返答に困り、迷っているとまたメール。

「・・・ごめん。俺が色々言えないよな。
ティナ達は戻れる夫婦だと思うから、応援したい気持ちもあるのについ反対の事を言ってしまった。
いつかこういう日が来る事も分かっていたけどこんなに早いとはな。
とりあえず、ティナが思うようにすればいい。
俺はティナといたいが、こればかりはな・・
元旦那とだって話さないと分からない事もあるだろうし、
息子にとっては、本当の父親が一番いいに決まってる。
だから・・ティナの思うように。」

「私がいなくなっても、G君には私以外に付き合っている人がいるから、
寂しくないから、そんな事言えるんだよね!?」

言っちゃった・・
思わず、そう返信してしまっていた。

「どういう意味??」

「この女の人から私にメールが来た。彼女なんでしょ?
(アドレスを一緒に添付する)」

「・・彼女じゃない。信じてもらえないかもしれないけど違う。
一度会って話したい。今日じゃなくてもいいから時間を下さい。
相手からのメールは無視でいいから。」

「何かもう別れる流れだね。
でも、人と人との付き合いをメールで終わらせる訳にはいかないからね。
会おう。予定分かり次第連絡する。」

「まだ別れると決まった訳ではないよ!!ティナ次第(笑)
今日は元旦那と色々話せるといいね。息子も一番いい笑顔になるんじゃないかな。
俺も後で連絡するから、ちゃんと出てくれよな?
そもそも前は、こんな連絡しなくても突然行っても当たり前に会えてたのにな・・
ではでは。」

このメールのやり取りで、きっとお互いに別れを感じていたんだと思う。

正直、この時はG君を失うこととか怖くなかった。
少しは寂しい気持ちもあったけど、やっぱりな。
といった感じで気持ちが冷めていたんだと思う。
浮気をするような人間だと分かったから冷めてきたんだろう。

G君と付き合う時は、まだ少し信じていた部分もある。
でも、もう人を信じる事は無駄な事だと感じた。
結局人は皆、裏切るんだ、それが当たり前くらいに思っておかないと自分を守れないと思った。
もちろん、真面目で誠実な人間もいる事は分かっているけれど、それはほんのひと握りなんだと思った。

きっとG君は私に会うまでの間で、私にメールを送ってきた彼女と何かしらの話をするのかな。
もう、大丈夫だよ。私は、G君取らないから安心して。。



関連記事
line




旦那と再構築して5年以上。
傷は癒えてきたかなと思った矢先・・小さな不信感が邪魔をする・・
つい最近の事になるかな。いや、もう1ヶ月経っているか。
この事があり、現在も落ち着いていた自分の気持ちが揺らぎ出している。

それは、姉からのラインが始まりだった。
姉の事は、過去ブログを見てくれていた方は分かってくれるハズだろうと思う。
当時、あまりにも鈍感だった私が不倫を把握する為のキーパーソンとなった存在である。

姉の子供が小学校の卒業式を迎えるという日、ラインで写メを送って来た。
その写メは、クマとか犬とかのキャラクターになれる?そんな某写メアプリを利用したもの。
とても可愛くて、今までそのアプリの存在自体は知っていたものの、特に意識してはいなかったけど、
この時は凄く興味が沸いていた。

早速インストールをして、いろいろイジってみる。
何だか自分のアドレスにある人がリストに出てきたようで、懐かしいなぁ!なんて見ていたんだけど、
リストの中の一人のプロフで手が止まる。
(このアプリは、自分の携帯電話の電話帳に登録のある人が利用していた場合、連携して、
携帯電話の登録と同じ名前でプロフィールが出てくる仕組みのようで。)

「”○○”怪しい番号」
プロフィールにはそう書いてあった。
※○○の部分は旦那の名前

そしてそのプロフィールの写真には、女の姿。
でも、その女の姿は私を苦しめた当時の不倫女の姿じゃない。別人だ。

そして、電話帳に登録したのは自分だから、その「”○○”怪しい番号」
と登録した理由も自分で分かっている。

(当時、離婚するかしないかの時・・・不倫が理由で旦那の仕事は解雇、
他県に出稼ぎに行くと出て行った旦那が、私が生保営業をしている間、ま
だ車上生活しながら保育園に入園出来ない息子の面倒を見る為に戻ってきた時)

まだ離婚したくない思いが強く家族でもう一度やり直したい私と、一人になりたい、離婚したいという旦那とでよく口論していた。

何でやっと旦那が戻って来たのに、一緒になれたのに、近くにいるのに、
旦那の気持ちが戻って来ないのかとイライラしていた。
だから、その日は旦那の携帯を見たくて、取っ組み合い。

旦那は「見るなら見ろよ!何もオマエが望むいい事なんて書いてねーからよ!」と携帯を地面に投げて液晶を割った。
私は、その割れた液晶部分からでも、何度も連絡を取っている番号を確認、控えた。

その時の電話帳の登録名が「”○○”怪しい番号」だ。

メールはしていないようだった。消していたのかもしれない。
でも、着歴にも発信履歴にも何度もある番号、念のため記録していた。
落ち着いて考えて、仕事で仲良くなった人なのか、仕事を斡旋する派遣会社の担当なのかもしれないと
イイように考えて自分の不安感を抑え、この「”○○”怪しい番号」 の存在は、それから今現在までの間、
疑う事無く、私の携帯の登録に居続けていた。

違った。女だったんだ。もうダメだ。

(私は一度、5才くらいの頃に高いところから落ちて頭を打って手術をしているが、
その時落ちている間なのか、落ちた後なのか、分からないけど、今までの自分が見てきた光景が
物凄い速さでリプレイされていた感覚を覚えているが、その怪しい番号の存在が女だったと気づいた時も、
同じような速さで当時の冷たい旦那とのやり取りの光景が頭の中でリプレイされていた。)

胸騒ぎがして、また頭を鈍器で殴られた感覚がして、しばらく気持ちが落ち着かない。
過呼吸を起こしていた。いつも近くに袋を置いていたので自分で対処する。

現実逃避したかったのか、脳がこれ以上耐えられないと判断したのか・・
気を失うように眠った。
お昼に仕事から戻った旦那に起こされる。

「どうした?そんな怖い顔して!?」

起こされたから怒っていたわけではない。
私は旦那を睨みつづけていたようだ。

「嘘つき!!」
「もう何も話すことはないけど、やっぱり不倫するような人間。信用は一生出来ない。もう無理だ。」
と言う私を見て、旦那も困惑した表情をしていた。

それ以上は旦那も聞かなかったし、私もあの頃からは大人になったから責める事はしないけど、
知っても聞いてもいい事ないのは分かってるから、ちゃんと他愛ない話なんかもして、
ボケとツッコミしながらじゃれたりもして、普通にやっているけどでもやっぱり引っかかって、
辛くて、一人になりたいと思ったりする事もある。

旦那とは現在同じ仕事をして、旦那の実家で暮らし、ホント常に一緒で、常に私の事を考えてくれる事が伝わり、
色々あったけど幸せなのかもなと思っていた時だったから、結構動揺している。

家族を大事に私を大事にしてくれている今の旦那に、過去の事を蒸し返してもいい事はないだろうから、
一生言わないつもりでいるけれど、こういう時、気持ちってどう整理すればいいんだろうな。

真っ直ぐ旦那を愛せていた頃に戻りたい。
不倫の記憶を消して欲しい。
純粋に人を愛したい。

不倫のバカヤロー(T_T)



関連記事
line

line
プロフィール

✩ティナ✩

Author:✩ティナ✩
旦那の本気不倫→離婚→復縁までの道のりを書き綴ってみようと思っています…
不倫サレ、離婚、復縁し、現在再構築中?いやもう再構築成功か!?といった感じです。

今は働いているので、更新はメッチャクチャ遅いだろうけど、思い出して辛くなる事もあるだろうけど、過去を整理しながら、昔の自分にもう大丈夫だよと言えるように、完結していこうと思います(^O^)

現在は、不倫しやがった旦那も更正し(もう信用したくても出来ないけどねっむかっって思いもなきにしもあらずですが…)私も離婚の経験から、自立を身につけ、同じ相手と2回目の結婚で家族を再スタートしております☆★

"雨降って地固まる"で、今は家族3人幸せに暮らしております♪

不倫をされて傷ついている人、頑張れ!!
真面目に生きていれば、必ず、道は拓けます!!






自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット

女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
FC2
現在の閲覧者数:
line
リンク
line
リンク
line
リンク
line
sub_line
検索フォーム
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。