FC2ブログ




今日は子育てについて語ってみようかな。

息子が寝付いた後、旦那とお茶を飲みながらニュースを見るのが日課になっていて、最近は子どもが被害者になる、そんなニュースが多い。

子どもを育てているものとして凄く悲しい。

どんな凶悪犯もイジメの加害者だって、みんな初めは、可愛い純粋な赤ちゃんだったんだよな。と思うと、子育ては重要なんだと思う。

立派にエリートとか大物になって欲しいとかではなく、普通に(いや、普通って何だろ??)、加害者にならないような子育てってどうすべきなのだろう…

他人に危害を及ぼさないような人間に育てるって難しくないか?私、大丈夫か?と、不安でいっぱいです。

厳しくし過ぎても、反動があるだろうし、緩すぎてもダメな訳で…

家庭環境が大きく影響すると言われているけど、そうなると…自信がない。

旦那は大丈夫だと言うけれど、私は、いいお母さんではないと思う。

私は、よく出来た親じゃない。
もし、お母さんテスト、親テスト、なんてものが存在したとしたら確実に赤点です。

仕事で忙しい事を言い訳に、寝る前に本を読んだり、布団で横になりながら色々な話をする、そんな僅か20分くらいの時間だけしか、息子に時間が注げていない。それすら出来ない日もある。

学校から帰ってきて一人で過ごす事が慣れっこな息子は、寂しい思いをしているのは分かる。
甘える事が少なくなった気がする。
代わりに、『お母さん、疲れてない!?』なんて、逆に気を遣う発言をするようになったり、今まで出来なかった事を出来るってば!!と言って、一人でやるようになったり。

まだまだ、甘えたい時期にそうはさせられない環境、息子の小さい心で我慢している事が、大きく影響しないかと不安。

働くのが生きる為だって言ったって、まだ息子の年齢じゃ分からないし分からせたくないし。

私も疲れて、優しいお母さんになれない時もある。
そのまま1日が終わって、寝顔を見て後悔。

『お母さんがお休みの時は、嬉しい!!』と休みの度に言っている。

きっと一人の時は、我慢してるんだろうな。
僕は必要とされていない…とか思ってたりするのではないかと、私の隠れていたネガティブ思想が疼いている。

そんな息子に、どうやったら気持ちが伝わるか…
アナタが大事なんだって気持ちを、どう表現したらいいか。

根っからのコミュ障、相手に自分の気持ちを口で伝える事が苦手な私。

色々考えて思い付いた。

昔、学生だった私が友達とやっていた交換日記。
これだ!!と思った。

文を書くのは大好き。
友達と喧嘩をした時も、口では言えなかった事を長文な手紙に込めて、仲直りしたもんな。

高校時代、素行が良くなく不登校ぎみだったけど、私の作文を読んだ現代文の先生に『文法も文章の構成も滅茶苦茶だけど、気持ちを文章に表すのは上手い。専門的に文章を学ぶ道に進むべきだ。』と言われた事もある。

そんな自分だからこそ、交換日記は最適だと思った!!

息子にお母さんと交換日記をしてみない?と言った。息子は、『大人になって読んだら面白いかも!!』と興味を持ってくれた。

今日は休みで、早速!!
交換日記帳を探したけれど、なかなかないね…
って事で、百均で、カバー付のピンクの可愛いメモ帳を買って息子に見せたら、『アリャー…俺、男なんだけどなぁ…でも、お母さんは女だしねぇ…じゃあ…これでいいよ…まぁ…』ってな微妙な反応(笑)

という事で明日というか今日から、息子との交換日記が始まる。

寝る前に、『お母さん(私)も、小学生の時にお友達としていたんだよ。お友達とは学校で会えるから、その時に話せばいいと思うけど、なかなか口で話せない事とか、今、ふと思った事とか、書くの楽しかったから、そんな感じで、○○(息子)が、その時に思った事を書いてね♪お母さん、お返事して、朝に机に置くから。お母さんも質問するかもよ~??』

『あの…何にもない時は絵だけでもいいの?ゲームの話でもいい??』

『何でもいいよ!!思った事を書いていこうね。』

『うん!!』

と…ピンクの日記帳だけど、意外と息子が乗り気で安心した。

いつまで続くかな交換日記。色々書いてくれるかな。

きっと中学生になったら、書いてくれないだろうな…

記念すべき交換日記、一回目に、息子が大好きな妖怪ウォッチの妖怪達を、何ページも使って書いてくるかもしれぬな(* ̄∇ ̄*)(笑)そんな時のお返事は、絵が苦手な私が書く、絵が書けない人特有のシュールな絵で返して笑わせちゃおうか!?

なんて、あれこれ考えてしまう深夜でした。

学校帰りに、お家に居てあげられないけど、それでも、それ以上に、息子と深く関われる事が出来たらなぁ。

ネガティブに負けずに紳士な男に育つよう、あれこれ模索しながら、子育て楽しんでいこうと思います。



関連記事
スポンサーサイト



line




G君とほぼ同棲生活をしていた頃…

今日は週末で私は少し会社の同期と飲んで、息子を実家に迎えに行き、アパートに帰った。

G君を待ちながら、息子とお風呂に入り寝かしつけの途中、ほろ酔いのせいか息子より先にウツラウツラしてしまった。

着信音が何回も鳴っていたのは覚えているけど、G君が家に着いたならピンポンするだろうし、眠りの世界と現実の世界の狭間で、眠りの世界の誘惑に負け、2分くらい意識が落ちた。

息子は興味津々のケータイを取り、着信音が鳴るケータイを触って電話に出ていたんだろう。

今、寝てしまった!!という感じで目が覚めた時、息子は私のケータイを耳にあて、話していた。

『モッシッシ~!オカーシャン、ネンネシッタッ』

『オトシャン、オッシッシ??』

2歳児の会話は分からない。何度も同じような事を喋っていた。

電話繋がってないよな…
電話の真似だよな…
すかさず息子に電話を渡してもらうと、通話中…

優しいG君が相手にしてくれたんだろう!!

『もしもし、ごめんね!!もう着く頃??』

私が話してる横で息子は一生懸命私に伝えていた。

『オトシャン、デンワャ、イタッヨー!!』

えっ!?

『ティナ…久し振り。電話しても取ってくれないし、メールしても無視だし、何の連絡もないし、離婚したから当たり前だけど、離婚ってこういう事かって、遅いけど後悔してる。元気か。息子の声、聞かせてくれてありがとう。元気にやってるか。今から仕事だけど、涙止まらない。また今度、電話していいか。お願い、拒否しないで。声、聞けて嬉しかった。ありがとう。』

一方的に自分の言いたい事をズラーッと話してきた。

『突然、連絡とかズルいよね。離婚したのに、未練がましく連絡しないで!!私は、最後までアナタを待ったけど、アナタの答えはNOだった。私は、前向いて歩くから。必要な事以外は連絡しないで。』

『分かった。一つ聞いていい?息子がG君とお風呂入った…みたいな事言ってた。優しいって聞いたら、G君好きって答えてた。さっきも、ティナはもう着く頃??って、こんな夜遅くに誰か来るっていうのは、そういう人が出来たって事か…ティナと息子の中で、俺、もういらない存在なんだよな。』

『だから…勝手に電話してきて突然何を言ってんの。不倫も離婚もアナタの望むようにしてきたんだけど、これ以上何が不満なの!!私がどうすりゃ満足なの!!色々面倒臭い事言わないで!!やっと心の傷も落ち着いてきたのに、色々言って困らせないで!!』

『ごめん。もう余計な事は言わない。ただ、拒否はしないで。お願いだ。』

電話の向こうで元旦那は泣いていた。

『分かったよ。拒否はしないけど、付き合ってる人が居るから、殆んど連絡出来ないと思う。』

『分かった。また電話しような。』

何だか、自分の気持ちが落ち着かなくなり、電話を息子に代わらせた。

『オトシャン、バッバーイ、マタネー!!』

こうして、元旦那との電話が終わった。

この後、仕事を終えたG君が家に着いたけど、私の心は揺るがされていた。

息子もG君の前で、『オトシャン、イッタネ~!デンワャ!!(お父さん、電話に居たね。)』と何度も話していた。

G君はこの息子の言葉を聞いて『お父さんに電話したのか~!お父さんと話せて良かったな!!』と言っていた。



関連記事
line




それから…
しばらくはG君が毎日アパートに来るようになった。
仕事後に、2時間かけて会いに来て、朝早くに2時間かけて仕事に向かうという生活を1ヶ月くらいしていた。

でも、G君の負担が大き過ぎるなと不安になった。

『ちょっと会う回数減らそうか…私は、ちょっとくらい会えなくても我慢出来るよ。』

『何で突然!?俺以外の男と遊びたくなったか??もしかして、元旦那が戻ってきたか??』

『違うよ。G君の負担が大き過ぎるから。』

『変なストーカー君も居る事だし、俺が好きでやってる事だ。ティナが気にする事はない。俺がティナを守るから。気にするな。安心しろ。ま、一番はティナが早く、俺との結婚考えてくれればいいんだけどね。ってまだ早いか…俺、焦りすぎだよな。ごめんな。』


『ありがとう。G君と結婚出来るかな。そしたら凄く幸せだと思う。でも、今は離婚して間もないもんな。G君、無理しないでね。』

『ティナは優しいな。ありがとう。俺、何だかティナは、いつか離れていってしまうんじゃないかって不安でさ。ゆっくり付き合っていこうな。』

この時、私は元旦那を忘れたようでも忘れてはいなかった。

G君との将来も少しだけど、考え始めるようになっていた。

元旦那とG君。

G君じゃなくても、元旦那以外の人と、将来を歩む自信なんてなかった。

だから、ゆっくりゆっくり、時間を重ねて答えを出すべきだと思った。



関連記事
line




G君は、来たな!!と口パクで話して、ベランダのカーテンを開けた。

G君の後ろから、ベランダに居る人物と目が合った。

やっぱり…K君だった。

G君はベランダの鍵を開けた。

『おいおい…何やってんの!?今、自分がしてる事分かるか?住居侵入なんだけど。』

『俺は、ティナの彼氏だ!!お前こそ何やってんだ!!俺はティナと付き合ってるんだからな!!』

『俺はティナから呼ばれて来たんだけど。ベランダから物音がして怖いってさ。彼氏だったら女を怖がらせたりしないでしょ、普通。現行犯で捕まりたい訳??』

『ティナが会わないって言うから…』

『まぁ分かった!!中入れ!!』

G君はK君を部屋に入れた。

『お前、ベランダから入るってどういう事だよ、笑えるわ。しかも入ってくんのかよ。』

『…いい加減にしろよ!!ティナ、コイツ誰なんだよ!!何で、俺が居るのに男がティナの家に居るんだよ!!俺がティナを見守るって言ったよな。』

『だから、それが怖いんだって…』とG君が言った。

K君は、G君の前で私を殴ろうとした。

G君が、その手を掴んだけどK君の怒りが凄くて、今度はG君を殴ってしまった。

G君は、冷静だった。

『住居侵入罪の他に傷害罪もつけたいのか?俺、殴られたから、正当防衛な。』

G君はK君を殴った。

『お前、次やったら警察行きだぞ。今日は帰れ。一生来ないなら、今日は許してやる。』

K君は、涙声で言った。

『もう来ない…お前みたいな女を好きになった事が汚点だ。』

『やっと分かってくれた。前から言ってたよね、私はそういう女だよ。普通の付き合いがしたいなら、出来ないって伝えたよね。』

『この女、最低だぞ!!一緒に居るオマエも相当バカだな。』

『女を殴ろうとしたグズに言われたくないな。もういいから出てけ。』

G君は低い声で、K君を威嚇して追い出した。



関連記事
line




G君との付き合いは良好だった。

週末前にG君が泊まりに来て、平日にG君が近くで仕事の時は夜に少し会っていた。

そんな毎日を過ごしていた時に事件が起こった。

今日は平日でG君が来ない日。
息子とアパートでご飯を食べていた。
私の部屋は一階だった。

ゴトッ!!ガサッ!!
ベランダから、明らかに人が居るような音が聞こえた。

怖くなって息子と私は咄嗟に家を出た。
近くのスーパーの椅子に座って、どうしようか考えていた。

母親を呼ぼうか…
でも母親も女性だから危ないな。
実家に帰ろうか…
警察に行った方がいいよな。

G君、もう家に帰っただろうな。
今から呼んでも、2時間は掛かる。
迷惑だよな…

でも、やっぱり怖い!!!

G君に電話をし、事情を話した。

『すぐに向かう!!2時間くらい掛かるけど、ティナ達は俺が来るまで絶対にアパートに戻るな!!』

G君が来るまで、実家に行った。
父親もお酒を飲んでいなくて『息子がお父さんとオセロやりたいって言って聞かなくて…明日も会えるのにね(笑)』と嬉しそうな父親を何とかごまかせ、実家で待機した。

息子は実家でご飯を食べて、オセロをして父親のあぐらの中で寝てしまった。

G君から着いたとメールが来ていた。

『もう帰るかな。息子起こさなきゃ。』

父親は、明日も仕事で家に来るのなら、このまま寝かせておこう、俺は酒を飲まないから大丈夫だと言った。

確かに、あのベランダでの物音、今からG君と行くのだけど、息子に危ない思いはさせられない。

アルコール依存症でも、子ども好きで暴力はふるわない父親の方がマシかもしれない。母親も居るし。

父親と母親に息子をお願いしてG君の車に向かった。
車の中で作戦を立てた。
というかG君に打ち明けた。

実は、私は誰がやっているのか何となく検討がついていた。

以前に適当に付き合って、きちんとお別れをしていないK君。

まさかなとは思ったけど、K君からは、このままではマズイと思うくらいメールが来ていた。

『男が居るって言ったよな』

『俺はまだ別れてない。』
『俺は諦めない。』

『絶対にティナを振り向かせる!!』

『今は他の男が良くても、ティナは絶対に俺に戻る。』

『俺、見守る事にしたよ。女子どもだけで暮らしてるなんて危ないからさ。俺は彼氏だから。』

届いていたメールをG君に見せた。

『ティナ、これヤバいでしょ…ストーカー君じゃねえか…』

『俺が居るってなったら、来ねえな。アパート入る時、誰も居ないと思わせるように無言で入ろう。』

アパートの回りを車でまわると、私の部屋のベランダに人影があった!!

玄関とベランダは離れていて、反対から行けば、誰が入ってきたか分からないので、G君と二人で無言で部屋に入った。

電気をつけて、テレビをつけて、無言で冷蔵庫からG君にビールを渡して、ひたすら無言で、取り合えず乾杯した。

会話はメールだった。

『ティナ、今日泊まるから安心しろ。』

『ストーカー君も排除してやる。』

『何かあったら、近くに交番があるから、私は交番まで走って警察を呼ぶ!!現行犯で捕まえよう。』

チャットみたいにメールをしていた。

その時ガタガタッと音がして、ベランダの窓を開けようとしている音が聞こえた。



関連記事
line




立て続けの投稿。
なかなか、過去日記が進まず申し訳ございません。
あまりにも過去の自分がイタ過ぎて、逃避しつつあります(つд`)

今日は、不思議な夢を見ました。
私は、誰か知らない男性の運転している車に乗っていて、楽しそうに助手席で話している。まるで恋人のような関係。このまま、ホテルに行く勢いだなと思っていると、車の後ろの席に旦那が現れる。

『俺は、ティナが家に帰るまでここに居るからな。ティナを家に戻せ。』

知らない男性に旦那が敵意むき出しで話す。
知らない男性も『帰らせない。』と反抗する。

場面が変わり、何故か私とこの二人でバーのような所に居る。

旦那は近くにいた人と、知らない男性を消してやる!!という事で一致団結し、知らない男性が席を外した隙に、飲み物に薬物を入れた。

席に戻った知らない男性が飲み物を飲んだら、苦しそうにして倒れた。

そこで夢が終わった。
物凄く怖くて不思議な夢。

現実の旦那は、私が飲みに行くと行っても、行っておいで♪楽しんできなよ♪といった感じで、全く心配しないし、焼きもち焼かないし、束縛しないし、それが楽でもあるんだけど、夢の中だけど、あんな風に他の男性に敵意むき出しな姿を見て、ちょっと可愛いなと思ってしまって、隣に寝ている旦那の手を握ったら、握り返してくれました。

夢って面白いな~!
不思議だな~!
でも、殺人はダメだよ、怖すぎだよ(つд`)



関連記事
line




最近は…なかなか、体重が減らない事に焦っています(つд`)

旦那も『こんなにふくよかになるくらい食べてないのにな…』と言うくらい、食生活はフツウ!!なのに、体重が増え続けている感じです。

色々悩んで、考えて、犯人らしきものが分かりました。
まだ確定ではないのですが、きっと酒!!

20代前半、水商売をしていたので、そこから夜イコールお酒を飲むという習慣が作られ、妊娠・母乳の時期は何とか我慢し、子どもが卒乳してから今まで、毎晩休む事なく晩酌をしてきた。

父親もアルコール依存症なので、自分もそうじゃないかと警戒しながらも、休む事なく毎日飲み続けてきた。

今までは、これ以上飲んだら明日にひびくという量が把握出来ていた。

ここ数ヶ月は、自分で抑えたつもりなのに、そんなに飲んでいないハズなのに、次の日に一通り吐いてから仕事に行くくらい、二日酔いになるようになった。

だんだん、アルコール依存症を認めざるをえない症状が出てきた。
物凄く怖い。

まだ自分がアルコール依存症だと認めたくない気持ちもある。

本当にアルコール依存症なのかどうか、確認する意味で断酒を決行しました。

調べてみると、アルコールを摂取すると、脂肪の分解が後回しになるようで、毎晩飲み続けてたから、脂肪の分解がされずにこの体型になったのではないかと推測。

私が飲んでいたのは、焼酎水割りを酔うまで。
ご飯は家族と同じように食べて、寝る前にオツマミなしでひたすら飲んでた。

数ヶ月前から、筋トレ(スクワット)、踏み台昇降30分は毎日欠かさずやっているけど、体型、体重共に変化がなかった。

きっと酒だ!!
酒を止めたら健康になる!!もしかしたら、少し体重も落ちる!!かも…!?

今は禁断症状なのか、内蔵が痛いけど、睡眠は取れているから、このまま行けるかな!?

取り合えず、休み前以外は飲まない!!と決めたものの、お酒の代わりに旦那とルイボスティーを飲み始めたらハマったので、もうお酒は飲まなくてもいいかなというくらいの感覚になり、休み前でも飲まずにいられました。

飲みの誘いがある時だけ、お酒を飲むようにしよう。

このまま運動を続けてたら、痩せるかな!?痩せてくれーー!!!!



関連記事
line

line
プロフィール

✩ティナ✩

Author:✩ティナ✩
旦那の本気不倫→離婚→復縁までの道のりを書き綴ってみようと思っています…
不倫サレ、離婚、復縁し、現在再構築中?いやもう再構築成功か!?といった感じです。

今は働いているので、更新はメッチャクチャ遅いだろうけど、思い出して辛くなる事もあるだろうけど、過去を整理しながら、昔の自分にもう大丈夫だよと言えるように、完結していこうと思います(^O^)

現在は、不倫しやがった旦那も更正し(もう信用したくても出来ないけどねっむかっって思いもなきにしもあらずですが…)私も離婚の経験から、自立を身につけ、同じ相手と2回目の結婚で家族を再スタートしております☆★

"雨降って地固まる"で、今は家族3人幸せに暮らしております♪

不倫をされて傷ついている人、頑張れ!!
真面目に生きていれば、必ず、道は拓けます!!






自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット

女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
FC2
現在の閲覧者数:
line
リンク
line
リンク
line
リンク
line
sub_line
検索フォーム
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line