FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line




朝になって、酔いも覚めて、凄く恥ずかしくなった。

『昨日はごめんなさい。今日はお互いに休みだから、ゆっくり休んで、またいつものように、飲みに連れてってください…』

『だね!!今日はティナさん、ゆっくり休みなよ?お母さん、心配してんじゃないか??今から車で送るから!!』

家までの車中はぎこちない感じだった。

家でボーッとしていると旦那からメールが届いた。

『ティナさん、送っていったら凄くいい天気で帰りたなくなった。休みなよって言ったけど、ドライブ付き合ってくれたら嬉しいな!』

すぐに返事をした。

『もちろん!!今すぐ行きます!!』

私の地元を車で走りながらドライブをした。

美味しいご飯を食べたり、アイスを食べたり、デートって感じだった。

夕方になり海辺に車を止めて、他愛もない話をしてたら、旦那が真剣な顔になって言葉を発した。

『ティナさん、もうバレバレだと思うけど、俺はティナさんの事が好きです。昨日の夜の事は、自分との戦いだった。大事な人を傷つけたくないから、何も出来なかった。お酒が入ってた状態で気持ちを伝えたくなかった。俺は、ティナさんと付き合いたいと思っているけど、もしティナさんにその気がなくても、今の関係が壊れるのは嫌だから、今まで言えませんでした。でも今は言う!!もし良かったら、付き合ってくれませんか?』

嬉しくて嬉しくて、どうしていいのか分からなかったけど、自分もきちんと伝えなきゃと思った。

『私、いつの間にか、私は○○さん(旦那)からのお誘いを待っているようになって…鈍感だから、全く○○さん(旦那)の気持ちが分からなくて、今まで男の人は体だけだと思っていたから、ビックリしたけど、大事に思ってくれている事が伝わって、嬉しかった。好きっていう感覚は、一緒にいたいって事なのかな。私で良ければ、ぜひ付き合って下さい。』

旦那は、海に向かって『ヨッシャー!!!』と叫んでいた。

その日は帰りたくなかったけど、母親が心配するから、母親に交際している事を伝えてから、また会おうと言われて、20時くらいに帰された。

母親に言ったら嬉しそうに『ほら、やっぱりね~!良かったね♪お母さんも○○さん(旦那)なら安心だな。でも、心配するから、遅くなる時は連絡してね!』

こんな感じで交際が始まった。

付き合ってから初めて旦那の家にお泊まりした時、旦那が凄く緊張していたのが伝わった。
私は、旦那も私も行為事態が初めてではないものの、旦那は何度も『本当に俺なんかでいいの??』と聞いてきたり、『俺、ずっと好きだったティナさんとこうしていられる事が夢みたいで、緊張してる…』と頭を撫でながら言ってばかりで、全然手出しをしようとしなかったから、私がリードする形で事が終わった。

旦那は、今まで付き合った人はみんな処女だったから、リードされる事がなく新鮮だったと言っていたけれど、また真面目な顔になって話し始めた。

『俺と飲みに行っている間に、ティナさんに他の男がいる事は分かってた。ティナさんはモテるから、俺は本当にティナさんの彼氏になれるのかと不安だけど、まだ付き合ったばかりでこんな事言いたくないけど、俺だけを見て欲しい…すぐに関係を切る事は難しいだろうけど、待っているから、ティナさんの時間は俺だけに使ってほしい…凄く心配になってきた。俺は彼氏になれるのかな。』と泣きながら話していた。

寂しさで好きな気持ちがない人と付き合っていた時、『浮気したら許さないからなっ!!』って言葉に何も響かなかったのに、その時の旦那の姿、付き合うまでの姿を見て、素直に彼の近くにいたい、彼を傷つけたくないし、自分も彼だけを見ていたいと思った。

『ごめんなさい…私、○○さん(旦那)にとって申し訳ない女で、これを聞いたら嫌いになるかもしれないけど言うね…ずっと好きでもない人と付き合っては別れて、また告白されたら付き合って、気持ちがないから一緒にいても楽しくなくて、○○さんと出会ってから、人を好きになる気持ちを教えてもらった。こんなに楽しくて幸せで、ずっと一緒にいれたらなって思います。だから、○○さん以外の男性とはすぐに別れる。大丈夫!!私は、こんなに純粋な○○さんには勿体ないかもしれない…でも、○○さんとの時間以外はいらないです。時間があるなら、○○さんと居たい。』

※この時の男性方は、結局体だけ…他に探せばいくらでも…そんな感じの男性ばかりで、アッサリ別れられました。

『ティナさん、ありがとう!!きっとティナさんが経験した以下の面白味がない男だけど、ティナさんを好きな気持ちは負けない…』

一呼吸おいてから、顔をつくって…

『俺だけの女になってほしい!!』

って言うもんだから、昭和のメロドラマみたいだな~!今時こんな事言う人がいるなんて笑と、おかしくなって爆笑!!!

旦那も、恥ずかしさをごまかす為のようにも見えたけど爆笑!!!

『ありがとう…笑ったりしてごめんね、そんな事言われた事なかったし、○○さんみたいに真面目な男性に会った事がなくて、どう反応していいのか分からないけど、嬉しいよ!!これからは○○さんだけを見ていきます!!』

こんな感じだったかな。
それからは、順調に付き合って結婚して息子が生まれて不倫となる訳だけど…

旦那が根っからの遊び人じゃない事は分かる。私と付き合う前の人と付き合った話を聞いても、浮気経験はなく、ただ、自分から告白して付き合った人は私が初めてだと言っていたな。
告白されれば、嫌いじゃないし…というように、過去の私みたいな感覚だったと思う。

旦那は久し振りに不倫相手から告白をされて、私は主婦で、結婚してて、いて当たり前で絶対に自分からは離れないんだと過信していたんだと思う。

だからこそ、あんなくだらない女に本気になってハマったんだと思う。

今は、不倫相手の顔を忘れたとか、思い出したくもないとか、自分がしてしまった事だから、受け止めるけど…不倫相手の顔だけは見せないで!!何であんな女にハマってたのか分からない!!ごめん、気持ち悪くなるんだ、あんな女と一緒になっていたら、俺は最悪な人生だった…ティナ、目を覚まさせてくれて本当にありがとうと泣き出す程、嫌悪感を抱いている。

そんな事しなきゃいいのに、でも、悪魔が乗り移るのかな。

もしかしたら、私にも悪魔が乗り移ってしまう事もあるのかな。

私は自分の選択がこれでいいのか悩む時があるけど、こんな事されても旦那と一緒にいられるのは、まだ他人だった時に必死で振り向かせようとしてくれた旦那の姿が忘れられないからなのかもしれない…

ホントに辛くて、もうあの時の旦那はいなくなったんだなと言い聞かせて離婚をしたけど、なんか旦那は絶対に戻ってくるような気がしていた。

離婚当時の私も、セックス依存症と人間不信で、体だけの関係を繰り返していたからこそ、虚しさが分かった。
不倫相手も旦那も虚しいものだったんだなって。
何でそうなったのかは分からないけど虚しいと思う。体だけ、自分の欲望を満たすだけの関係だったんだと思う。

時間がない中で必ず体の関係になってたらしい。
家庭環境が辛いんだとか相談を聞いて、不倫になったとか…

愛は相手を思いやる事。
セックスをしたって何も始まらない。

相手の気持ちや、相手の立場を考える愛情は、セックスなしでも伝わる。老弱男女問わず!

ただの男と女の欲望のぶつけ合いだったんだ。

大事にしたいなら、大事な相手が不利になるような不倫なんてしないだろうし、きちんと決着をつけると思う。
そうじゃないなら、そんなのただの自我!自分の欲望を満たす為だけの道具=相手だと思う!!

だから、私は負けてない!!って…誰にでもある普通の恋愛話なんだけど、こんな事まで遡らないと、自信も何もなくなって、普段の生活に支障をきたしてしまうのが不倫をサレタ後遺症です。

でも、それでもいい!!
負けてない…ってか終わったか。。
でも、こんな事も引き出して思い出させなきゃ、トラウマに負けてしまうんです。

不倫のバカヤロー!!!

荒れて書き綴った文章、読んで頂きありがとうございました;;



関連記事
スポンサーサイト
line




旦那と付き合うまでのストーリーです。

旦那は、不倫相手を数えきれないくらい抱いたと言った。
不倫相手とあって、すぐに体の関係になったと教えてくれた。

やっぱり、不倫は体だけなのね~
私は負けていなかったんだよって言い聞かせている。

旦那と付き合う前、旦那は私を誘う事に必死だった。

当時の私は、旦那の事を恋愛対象に見てなくて、誘いは面倒臭いと思っていて、眠くてドタキャンしたり、帰るのが面倒臭いから、好きでもないけど付き合っていた彼氏に車で迎えに来てもらい、旦那とのご飯に行っても1時間くらいで帰ったり、それでも旦那は果敢に次の誘いをしていた。

私も、タダ飲み出来てラッキーだなくらいの感覚でいた。

男だから、下心もあるんだろうなと覚悟もしていたけど、旦那は違った。

終電を逃しても、ホテルや家に行こうとせず、カラオケで始発があるまで歌いつくしたり、私が酔って眠りこけた時は、一緒にタクシーに乗せて帰してくれたり、いつでもヤる機会はあったハズだけど、全くそんな素振りもなかった。
お酒を飲んで、色んな話をして楽しく笑って、じゃあまたね!って言って、また普通に誘ってくる…

今まで会った男の人となんか違うな??
本当にこの人は飲み友達が欲しいだけなのか~!
変わった人だなと思っていた。

そんなある日、母親と当時の旦那について話していたら『ティナ;鈍感過ぎるよ(+。+)それは好意があるって事だと思うけどな~!』と言われた。

私と旦那は仕事が一緒で、仕事から帰宅する際に、『駅まで一緒に行ってもいいですか??』と言われて、別にいいけど何でだろう;と思ったという話や、路線が違うのに私の電車が来るのが遅かったら、仕事後疲れて早く帰りたいだろうに自分の電車はもう出発する時間なのに見送って、一緒に暇潰ししてくれたり、改札通ってもホームの階段が見えなくなるまで改札でたたずんで、こっち見ててさ、不思議な人だよ~!という話をしていて『ただの職場の人にそこまでしないのは分かる??』と冷静に突っ込まれた事を今でも覚えている。

母親と異性との会話をここまでしたのは、旦那が最初で最後←になるのかはまだ分からないけど笑

母親と話してから、当時の旦那に安心感や、面白いな、なんか気楽で居やすいな~!とか、男の色気を感じたりして、でも自分の気持ちは分からなくて、ただただもう少し話してみたいな。と思っていた。

本当に私に気があるのか!?
だったら何でヤろうとしない??

ちょっと不思議で、ちょっと気になり始めて、旦那に安心していたのもあって、次の飲みの誘いの日、私は泥酔した。

飲み放題じゃないお店で、二人で20杯以上飲んでお会計も凄い事になっていた。

旦那は、千鳥足の私を肩に抱えて『またカラオケ行くか~!俺のリサイタルを子守唄にティナさんは寝てなさい!』と言ったけど、酔っていたし、ヤりたいなら他の男みたいにどーぞ!!的な感覚で、ちょっとどう出るか試してみた。

『眠い。お布団で寝たい。○○さん(旦那)の家でいいじゃん!!お布団で寝たいよ~!』

『えっ!?俺の家??それは…』

凄く困っていた。

『ダメなの~!?いいでしょ??○○さん家で二次会だぁ!!ホテルでもいいけどさ~!酔っ払い万歳♪♪ただ、寝たいだけだから何でもいいっ!!』

今考えれば、アバズレ的思考で反省しております(つд`)

『マジで俺ん家!?ダメじゃないけど、汚いから…入れないよ!?』

『寝れればオッケー☆よしっ出発!!!』

タクシーで近くのコンビニで色々な物を買って向かった。

『ちょっと待ってね…』

玄関で5分くらい待たされた。
急いで片付けた感じが伝わった笑

部屋について、また飲み始めて、ベッドに横たわった。
夏場で、服もはだけてて、旦那は『俺のTシャツ着る??寝る時楽だし、ちゃんと昨日洗ったヤツだからさ!!』と言って、着替えさせた。

酔いのせいか、30分くらい寝入ってしまって…
トイレに目が覚めたら、旦那がベッドの下で正座しながら、私を見つめてた。

『まだ夜だから、ゆっくり寝てな。朝になったら送っていくから。お母さん、心配するだろうから、メールしといた方がいいよ!!』

と言って、ベッドに私を寝かせて、旦那はベッドの下で横になっていた。

今、ヤろうとしたらヤれるのに、成人してる女が部屋に入ったら、ほぼ覚悟はしてるって事なのに、全くそんな様子がなくて、凄く不思議だった。余程、私に魅力がないんだなと悲しくなった。

『○○さんも隣で寝よ??』

『ダメだよ…ティナさん、酔いすぎっ!!』

『何で家まで来て抱いてくれないの!?』

『そんな事言って、酔いが覚めたらティナさん、後悔するんだから。今、ティナさんとこういう状況になってるの、俺信じられなくて、かなりヤバイよ。でも俺はそういうの嫌だから。俺はティナさんが好きだけど、ティナさんの気持ちは聞いていない。今すぐにでもヤリタイ気持ちは男だからある。でも、それをして、ティナさんに嫌われたくないし、まだ俺はティナさんにきちんと気持ちを伝えてない。酔いに任せてとかそういうの、ティナさん、ダメだよ…』

『…分かった。ごめんなさい。』

そのまま、私はベッドで朝まで寝て、旦那はベッドの下でしばらく正座をして私を見ていたようで、朝になったら、下で横になって寝ていた。

自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット

関連記事
line




あらやだ寝れない…

という事で、徒然なる思いをそこはかとなくかきつめてみようと思います。

旦那の不倫から数年…
今の日々は、気にしなくなってきた部分が80%。
それでも、当時の音楽やら不倫相手と同じ姓名やら当時の地名やら、いまだにそれが出てくると、当時の不安感が押し寄せてきて、気分も一気に下降します。

今だけを見ていればいいのにね。
私のすきなKinKi Kidsの『愛のかたまり』という剛が作詞した歌にも、『あまりにも愛が大きすぎると失う事を思ってしまうの、自分がもどかしい、いまだけを見て生きていればいいのにね』という歌詞があります。
この歌詞に共感するって事は、そうか…旦那は大きな愛を与えてくれていて、私はそれを失う事が怖いと思っているんだなぁと、曲を聞くたびにふと思ったりします。

旦那は優しい。
でも、素直に受け取れなくてごめんなさい。
旦那にも言ってあるけど、どうしても過去の自分みたいに純粋に受け取れなくなってしまった。
それは、自分でも悲しいと思う。
不倫がなかった頃の、大好きだよって、旦那の胸に飛び込んでいけた自分に戻りたい。

今は、『何をしても、あなたのした事は変わらないし、私の心も戻らない』なんて言って可愛くない女です。

自分の中には、不倫される前の自分の心が10%、不倫された後に豹変した冷たい心が90%あります。

不倫される前の10%の心があるから、今は自分の中でどうすればいいのか分からず葛藤していて、辛くなってるのかもしれません。

旦那の優しさや家族を大事に思って改心した気持ちは、伝わっているのに、復縁したって、結局は不倫して家族を捨てれた人だから、信じてはいけないんだって思いが強くて、素直に受け取れません。

『だったらあんな事しなきゃいいのに…』
『私は、もう男女の愛なんて信用しないよ。そんなもんはこの世にない!!くだらない!!』

10%の自分は、今の自分に満足しているから、こんな事を言っている自分が嫌になります。

どんなに嫌な女になっても、落ち着くまで話を聞いてくれる旦那。
分からなくなる。

こんなに傷付いたんだからって分かってほしくて、素直になれないけど、向き合ってくれてるのに、こんな態度でごめんなさい。と思う気持ちもあって、かなり心が忙しいです;;

全く、旦那も不倫相手も厄介な事をしてくれたもんだ(T^T)

不倫…不倫のバカヤロー!!こんなに荒んだ心は、どうやったら元に戻るんだいっ(T^T)

でも、少しだけ自信を持たせてくれる思い出がある。

ちょっと長文になるけど、気力のある方は次をお読み下さいませ(UoU)



関連記事
line





こういう事件、ニュースで見聞きするだけで辛すぎます。

私も、今いる息子を養育出来ないと思うくらい追い詰められていた時期がありました。

2歳の子どもと私を置いて旦那が失踪し、生活費も途絶え、会社の寮も出なければいけず、頼る実家もなかったあの頃。

とにかく出来る仕事をし、なんとか安いアパートを借りて、子どもは昼間だけアルコール依存の私の父親に預けるしかなかった。
それでも不安で不安で仕事どころじゃなかった。

その勤務先で子どもの保育園が決まっていない状況では雇用が難しいと言われ、専業主婦で何の資格もなかった私は、この仕事が無くなれば、何もかも終わりだと思った。

どうすればいいか途方に暮れた。でも、子どもを放置しようと思ったりはしなかった。

子どもを産んでから、子どもと離れるなんて考えられなかったから、それだけで今まで頑張ってきた訳だから、子どもを放置しようなんて思いもしなかった。

私はDVを受けた事がないから、DVの辛さは分からないけれど、ましてや暴力するような男の所に大事な子どもを置いていける気持ちが理解出来ない。
この母親は心配にならなかったのかな。

この父親も怖くなって…って、信じられない。

生きていくのが嫌になって、精神的におかしくなってしまう感覚は分かる。私もそうだったから。

当時は、自分は食べる事が出来ないくらい気持ちが病んでいた。
でも、子どもを餓死させてもいいとか、放棄するような考えにはならなかった。

子どもが笑顔で側にいてくれる事が私の支えだったから、夜遅くのスーパーで値引きされた食品だけど、どれにしようね~!なんて言いながら、息子が食べたいという物を買って、喜んで食べてくれている姿に病んでいた気持ちは救われていた。


ただ、世の中はそんなに甘くなくて、保育園が決まらなかった。

頭の隅には離れたくないけれど、この子には未来があるから、どうか生きてほしいと思っていたから、辛かったけど、きちんと環境を整えてから迎えにいこうと決心し、児童相談所に泣きながら電話をした。

身が引き裂かれるような思いだった。
自分で子どもと離れる決断をするなんて、なに考えてるんだって思った。
でも、生きていれば会えるんだと思っていた。
私では息子を食べさせていくのも限界だったから、これでいいんだと呪文のように言い聞かせていた。

児童相談所は、きちんと話を聞いてくれて、最善の状況を一緒に考えてくれます。

私も、まずは話を聞いてもらい、心が落ち着き、生活を立て直して、息子と離れる事はありませんでした。

子どもがいたから今まで生きてこれたと思っています。

だから、こういう事件は本当に辛い。

大人は大人だから、どうにかなる!!
ただ子どもは、どんなに貧乏したって大人が守ってあげなきゃいけないのに!!

私もろくでもない母親だけど、この子もこんな最低な親でも信じて待っていたんだと思うと、苦しくて涙が止まらないです。

大人が動かないと子どもは守れないと思います。プライバシーの問題もあるけど、どうにか子どもを守る環境を整わせなければと思います!!

今は優しい神様のもとで、お腹いっぱいご飯を食べていてくれるといいな。

次は、優しいお母さんのもとに生まれてこれますように。

これ以上、こんな事件がなくなりますように!!



関連記事
line




メッセージやコメントしてくれた皆様、ありがとうございます!!

今はブログの更新に向けて、少しずつ書き綴っているのですが、なんというか…
数年経つと、細かい部分は忘れてくるのかもしれないと思いました。

ただ時系列で記憶を辿ると、強く残っていた事が思い出されて、ブログに書いている過去の事は、自分の中でとてもインパクトが大きかった事柄だったんだなぁと思います。

そして、過去ブログを書く時は、必ず自分一人の空間でなければ書けません。

最初にブログを書き始めた頃は、スラスラ書けていたのですが、時間薬なのか、消えかけている事も多く、一人で落ち着いている状態で過去の自分と向き合って、やっと書き進められてるという感じです。

今の状況と過去の状況があまりにも違い過ぎるから、自分の中でどれが本当の世界なのか分からなくなる時もありますが、不倫されて離婚して辛かった時間よりも、旦那が戻ってきて家族が再スタートしてからの時間が上回ったからこそ、嫌な記憶が消えかけてきているのかなぁとも思います。

でも、忘れていないものは忘れていません!!
記憶ではなく、その時感じた感覚は鮮明に覚えています。

そして、人を信用する事とか、幸せを素直に幸せと感じられる気持ちは消えたままで、幸せなのかもしれないけど怖い、信じてはいけない、信じられるのは自分だけ、愛なんて嘘っぱち、なんて感じで、未だに不倫されて閉ざしてしまったような心は変わりません。

旦那は改心していると思います。
誠心誠意尽くしてくれて、きっと普通だったら幸せだったのに、素直に幸せと思う事に抵抗を感じています。

不倫をされる前だって同じくらい幸せだったのに、ズドンと落とされました。あの時は、幸せの渦中にいたからショックも大きかったんだろうから、そんなの嫌だけど、そんなの自分じゃないけど、少し冷めた目線でいて、これ以上傷つかない為の事故防衛なのかもしれません。

ちょっと、考え方は間違っているかもしれないけど吐き出します。

不倫されてから、不倫相手の事を殺してしまいたいくらいの感情もありました。
でも、まだ理性があったからそれは出来なかった。
だんだん旦那は冷たい態度で煽り離婚となり、信じていた人からの裏切りと、不倫相手ですら、話せば分かってくれるはずとバカなんじゃないかってくらい人の事を信用していた気持ちが踏みにじられて、不倫される前と不倫されてからは人格が変わりました。

人の善意は、何か裏があるのだとしか考えられなくなりました。

人間なんて信じるものじゃないと思いました。
人に絶望して、人が嫌いになりました。

そんな虚勢をはりながら、今はまだ、自分の中に、純粋に人を信じる気持ちが残っているから、人を嫌う自分と葛藤していたりします。

不倫されて、まだ何も知らないうちに殺されていた方が良かったのかもしれない。

殺されたのは、心です。楽しい事を楽しい、幸せな事を幸せって疑いもなく思えた時の心を返してほしい。

旦那の事は好き。
今も昔も変わらず好きだけど、ちょっと違うかもしれない。
好きだけど…不倫した当時は消せなくて、旦那が与えてくれる愛情を素直に受け取れない自分が嫌だ。

新婚時代のビデオを見て、『ティナ、ニコニコしててすっごく可愛いな!!』って言ってたけど…
あの頃は、何も知らずに純粋に好きだったから。今は、(不倫されたけど)好きなのかなぁって、好きの感情にも(不倫されたけど)がつく。

だから、どうせ不倫されるなら、好きじゃない人と結婚していればこんなに辛くなかったのかもなと思ったりもする。

不倫って、人の心を壊すんですよ。
このブログをはじめてから、同じ状況で苦しんでいる方からメッセージを頂いて、こんなに不倫が横行してるなんて本当に悲しい事だなと思う。

不倫して、報われない恋に苦しい苦しいって言っている人達は、まだ幸せだと思います。

人の精神を壊した十字架を背負っていける覚悟がないのなら、やめるべきだと思います。

私の旦那の不倫相手になった人も、今現在どうなっているかは分からないけれど、自分の撒いた種を刈り取る時期が必ず来ると思います。

悪い事をするより、いい事をした時の方が幸せな気持ちになれるだろうに、不倫のように、自ら悪の道を貫き通す人達は、どこか人として大事な部分を欠如してるんだなと思います。

って、何かちょっとマイナス思考になってしまいました(+。+)



関連記事
line




仕事は休みがちながらも行けていた。
みんなから、病院行きな!と言われるくらいに普通じゃなかったのかもしれないけど、自分の病院代にお金を使うのは勿体無いと思っていたから行かなかった。

息子の相手をせずに眠りこけてたり、食事が粗末な物だったりしたけど、まだ母親の心は残されていたんだと思う。

金銭管理は自分の中でシッカリしている方だと自信があり、一週間の使える金額もシビアに決めていた。

仕事後に実家からアパートに帰る間にスーパーに寄って夕飯を買うのが日課で、お米は旦那の実家から送られてくるけど、予算的にコロッケ1つを二人で半分、ふりかけご飯が定番の夕飯だったけど、私は食欲ない事がほとんどだったから、コロッケは息子にあげて、息子がレストランに行きたそうに見ていた時は、自分は食べずに息子とレストランでお子様ランチを食べさせたりもした。

ベタだけど、お子様ランチを食べて喜んでいる子どもの顔は、本当に可愛いなって思った。
優しい息子は、いつも私に『おかーしゃん、はんぶんこ、どーぞ!』って言ってきてくれて、私はいいから息子に食べてほしいと思ってやっていた事だったのに、こんな小さな子どもにまで気を遣わせている自分が情けなかった。

それでも、お酒に溺れる生活は変わらなかった。
ある時私は泥酔しながら携帯を見ていた。
この人元気かな~!なんて思いながらアドレス帳を何気なく見ていて、旦那と結婚する前に5年間付き合った元彼のアドレスを見つけた。

結婚してから、男性と連絡するなんてした事がなかった。
あ、元彼には結婚した事や子どもが産まれた事をメールで伝えてたりはしていたけど。

5年間も元彼と付き合って、何で別れたかと言うと、20歳年が離れていたから。

親や兄弟から交際は仕方ないにしても、結婚は承諾出来ないと言われていたから、元彼は私の将来を考えて別れを決断して、大恋愛が終わった。

失恋の寂しさから、告白されれば好きでもない人と付き合っては、やっぱり違うなと別れ、そんな生活をしていた時に現れたのが旦那で、始めは全くタイプじゃなくて男性として意識もしていなくて、、最初はご飯を食べに行ったり飲みに行ったり、面倒だなと思ったり、失礼にあたるくらい遅刻したり、旦那と飲んだ後に付き合ってる人に迎えに来てもらってるから今日はもう帰るね~!なんて平気で旦那に言っていて、真剣に考えていなかったけど、話をしていくうちに、面白くて優しくて楽しくて、こんな私でも旦那は猛アタックで、いつの間にか私の方がお誘いを楽しみにしている気持ちに気づき、旦那と付き合い結婚しました。

元彼のアドレスを開いたまま、元彼~旦那まで幸せだった当時の思い出に浸りながら、でも私は離婚したんだもんな~!なんて現実に戻って一人でふてくされたりしながら、酔いもあって電話を掛けてしまった。

『ティナ??久し振り!どうした?』

出た!!!

『久し振り!あ、何か懐かしいな…と思ってね~』

『ティナ;酔ってるな…結婚生活は順調か??子どもは元気か?!』

『…離婚したんだ。』

『離婚!?何でよ!!子ども産まれた時、幸せだって言ってたよな…』

『旦那に好きな人が出来たって。不倫されちゃったー。私は、待つ事出来なくて、大好きだけど、このままじゃ旦那を苦しめるから、私が自分で離婚届を出した。でも本当は離れたくなかった。旦那の事、何されても大好きだったんだよ!!』

元彼も、優しい声で聞いてくれてるから、甘えてしまって、泣きながら、声にならない声で話していた。

『今は??どこにいるの??子どもは??』

元彼は5年も付き合っていたから、私の家庭環境も知っている。
子どもを抱えて帰れるような実家じゃない事も知っている。

『子どもと地元に帰ってきた。ちゃんと一人でアパート借りて暮らしてるから大丈夫!!』

『こんな時間まで酔っ払ってて大丈夫とは思えないな…とりあえず今日は寝ろ!ティナの子ども、写真で見たけど、可愛かったな。今度、ウマイもん食わせてやるから、今日は寝ろ!』

電話を終えて寝た。
元彼に思いを吐き出して、久し振りに人の優しい声を聞いて、安心したのか、よく眠れた。

次の日は息子より早く起きて、オニギリ作って出勤も出来た。

仕事中に元彼からメール。

『起きたか??二日酔いさん笑』

『何をおっしゃいますだ!!ちゃんと仕事さ行って、今オニギリ食べてますだ笑』

『仕事何時に終わる?息子君は保育園か?メシ食いに行くぞ!!俺、今日休みだから待ってるから、連絡しろ!』

『もしかして??アッシーですか??メッシーですか??わーい\(^o^)/』

『ティナは、酒禁止な!!息子君は何が好きだ?いい店探しとく!』

『うちの子、何でも食べるよ~!男の子だから半端ないで~!』

『あ、勘違いしてるようだけど、ティナの分はナシな笑(冗談)』

こんな感じで、元彼と再会する事となった。



関連記事
line




旦那にメールをした。
あの時、葛藤して言えるかなと思っていた言葉を送った。

『離婚届、出してきます。もうメールもこれで最後になるよ、他人になるもんね。未練がましいかもしれない、気持ち悪いかもしれない、でも私はずっとアナタを大好きでした。嫌いになったから離婚するのではなく、大好きな人を苦しめている自分が嫌になったから、アナタの幸せを思って離婚します。いっぱい苦しめてしまってごめんなさい。大好きな人と結婚出来て、アナタの子どもが持てて、とても幸せでした。ありがとう。息子の事は任せて下さい。ばいばい!!』

送信して役所に提出をした。

戸籍は、名字は仕事で使う名刺を変更するのは、金銭的にもなぁ…という思いもあり、旦那の名字のままにする事にした。
息子を私の親権にするには、家裁に行かなければいけないと教えてもらい、数日後に離婚が受理された通知が来てから家裁に向かった。

離婚が受理された通知を見て、自分が決断した事なのに、激しく動揺したと同時に、どうしようもないくらいの寂しさが襲ってきた。

家裁に行くまでの道のりは、何やってるんだろうな…と呆然としたり、寂しさが強くて涙が止まらなかったり、情緒不安定だった。

家裁で手続きを済ませ、しばらくして、息子を自分の籍にうつす裁判も終わった。

その頃から私は落ちぶれはじめていった。

まず、仕事へのやる気を失っていった。
力が抜けたというか、動く気力がなかった。
仕事は休みがちになった。夜に息子が寝ると、布団の中で、生きている事は無意味だなと呟いては泣いて、激しい怒りでお酒を飲んで、朝方に酔いつぶれて眠り、朝に起きた息子に菓子パンだけを与え、息子の相手をせずに、ただただ眠るといった生活をしていた。

お昼に息子がお腹が空いたと私を起こし、自分は酒を買うお金があるのに、息子には具ナシのチャーハンを食べさせていた。
それでも息子は、『おいしーね、おかあしゃんも!』と笑顔で食べてくれていた。
今でも、その時の事を思い出して胸が痛くなる。

今考えると本当に私は最低な母親だ。



関連記事
line




とうとう旦那が居なくなり、息子はアルコール依存の父親に見てもらうしかなかった。

それからの私は、早く息子を保育園に入れさせなければという思いと、息子が不安だったから、午前中に仕事を切り上げられるように調整して早退し、何度も役所に足を運び、緊急事態である事を訴えた。

そんな中、会社の支社長から呼び出しがあり、息子が保育園に入っていない事を厳しく言われた。

『息子さんの保育園が決まっておらず安定していない状態では、ティナさんも仕事に集中出来ないだろうし、こちらも雇用していく事は難しいのです。』

『保育園は、何とか決めます!!申し訳ないですが、もう少し待って頂けないでしょうか。』

涙でグチャグチャになりながら、言葉にならない声を出し、頭を下げ続けた。

支社長の部屋から出た時、全くの新人だった頃に、営業の勉強を教えてくれた女性の先生と会って、隠し切れない程に泣いていたようで、別室の鍵を開けてもらい、涙が落ち着くまで部屋に入れてくれた。

先生は、落ち着いてから話を聞いてくれた。

『そんなプライベートな事まで言われたの!?関係ないじゃないね~!ティナちゃんも、一生懸命頑張ってるし、今はそんなすぐに保育園は決まらないのにね…これだから男は嫌なのよ!!
マネージャーに話しておいてあげるから!!』と言ってくれて、少し気持ちが落ち着いた。

支社長は、嫌われていたようで、みんな不満を持っていた。

そうか…
保育園が決まらないと、仕事さえ失うのか…
でも、ずっとこの仕事をしてうまくいくなんて思えない…
なんか、あそこまで屈辱を受けて居る意味が分からない…
だんだん、仕事に対してのやる気がなくなっていた。営業中の休憩では、携帯で求人を検索する事が多くなった。

ただ、保育園が決まるまでは辞められないなと思っていた。

旦那からは、あれ以来連絡がなかった。
何をやっているのか…

私はまだ旦那が好きだ。
離婚なんてしたくない。

でも、気付き始めていた。私が今やっている事(離婚しない事)はワガママでしかないのかもしれないと。大好きな人が、私とは居れない、離婚したいと言ってるのであれば、本当に好きならば別れる事も愛情なのだろうと。
アナタの事が大好きだから、もうこれ以上苦しめたくないから、離れます。
今まで苦しめてきて、ごめんなさい。
これを、きちんと言える日は来るのかな。
ちゃんと離れられるかな。ずっとずっと葛藤してた。こんな事されたって、旦那が好きな気持ちに嘘はなかった。
でも、少しずつ切り換えていかなきゃいけないと思った。

母親が休みの日は、仕事の同期が寂しくないようにと気をまわして開催してくれる飲み会に参加したりした。

まだ20代だったから、子どもが居ると思われてないようで、女性扱いをされている事に嬉しかった。
(別れたら次の人…か!そうだよね、それもアリかな~!)と思ったりもした。

ただ母親だから、そんな事にうつつを抜かしてはいられないけど、気晴らしに飲みに行く人が居れば、寂しくないか…
今はもう、旦那が居ないから離婚したも変わらない生活だしなと思った。

息子を思うと辛くなってきたけど、父親が帰って来ないんじゃどうしようもない。

旦那が居なくなってから、仕事が終わり実家に息子を迎えに行き、私と息子のアパートに着くと、息子はいつも『寂しい…』と言っていた。
その度に寂しくないようにさせないとな、子持ち同士の再婚をするしかないのかなぁ…なんて思ったりもした。

離婚について、何度も考え、悩み、離婚する決意をした。

私のワガママが許されるなら離婚はしたくなかった。でも、大好きな旦那の望む事は私と離れて暮らす事なんだと、旦那の幸せを考えるのならば、離れる事が愛情なんだと思った。

愛は、相手を思いやる事。相手の幸せを考える事。そう言い聞かせていた。

頑張りたかったけど、旦那の気持ちが戻って来なかった。いずれ別れるだろう事は、覚悟していたから、最後くらいは旦那が笑顔で『ありがとう』って言ってくれるような別れ方をしたいと思った。
最後の最後まで、嫌な女だったと思われたくなかった。

旦那の事、本当に大好きだった。
先が怖いけど、どうなるかなんて分からないけど、本音は別れたくないけど、離婚する事を考えただけで涙が止まらなかったけど、親にも誰にも相談せず、自分一人で離婚の決断した。

周りで離婚を反対する人は誰も居なかったし、早く離婚して、新たに人生を歩むべきと促されていたけど、自分で決断出来ないでいたけど、悩んで悩んで決断した。



関連記事
line




住所職業不明の旦那が息子をアパートで見ていて私が働きに行くという、奇妙な生活がしばらく続いていた。

この時は離婚をしたくない気持ちが強かった。
それは、生命保険の営業という仕事柄、幸せな家族を見る機会が多かったから。

訪問営業で幸せそうな家族に冷たくあしらわれた時なんかは、自分はみじめだなと思った。

ただ旦那の事を、諦めなければいけないだろうな…という気持ちもあった。

職場仲間には離婚前提の別居中だと伝えていたので、『別れたら次の人だよ♪気楽にいこう♪』と明るく励ましてくれて、新しい出会いを提供してあげるから!!と営業を通して仲良くなった医師や銀行員の飲み会をセッティングしたりしてくれた。
この時は、全く興味がなかったけれど、そんな飲み会も暗い現実を忘れられる唯一の時間で楽しかった。

仕事も運が良かったのか、新入りなのに大きな契約が取れて、うまくいっていた。

でも、旦那の離婚の意思は変わらなかった。
どんなに仕事を頑張っても、気持ちは変わってくれなかった。

ある時、お義母さんから電話。
旦那が離婚したい気持ちである事、いずれは離れて一人になるらしい事を伝えた。
旦那は、義父名義の車を借りていたので、義父が『家族みんなで使うのならばいいにしても、そんな家族をバラバラにするのなら、車は返してもらう。満月日に車を取りに行く!!』という事で私が休みの日に、義父が車を取りに来た。

その後車がなくなり、2~3日後の母親が休みの夕方の事だった。
いつものように旦那に息子を頼み、仕事に行き、午後に営業に行った先で、契約が決まりそうで、保険の設計書を(今日は残業だなぁ…)と思いながら、バタバタ作っていた時に母親からメール。

『○○さん(旦那)が息子をお願いしますって言って、居なくなったよ!!引き止めたけど、無理だった。今日はもう帰れるの??今日は私が休みだから、息子君はとりあえず大丈夫だから、今後の事は後で決めよう。仕事終わったら家に寄ってね。』

心臓がバクバクしてた。
平常心で居られなかったから、トイレにこもって母親に遅くなる旨と、状況を理解した内容のメールを返信し、何回か深呼吸をして気持ちを無理矢理落ち着けさせてから、仕事に戻った。

仕事が終わり、帰宅の電車で旦那にメール。

『母親から聞いたよ。約束が違う!!保育園決まるまでって言ったよね…今後どうしていいのかどうなるのか分からない…でも、あなたは放棄したって事だよね。』

落ち着かない状態で電車に揺られていると、旦那からメールが届いた。

『俺も携帯代を払わないと仕事探せないし、車がないと仕事出来ない。出稼ぎに行くしかないんだよ!!保育園は母子家庭になれば入れるだろ。俺は一人になりたいんだ。一緒には暮らせない。早いか遅いかの問題だよ。』

何を訳分からない事を言ってるんだろう…
かなりイライラして、怒りで涙が出てきた。



関連記事
line

line
プロフィール

✩ティナ✩

Author:✩ティナ✩
旦那の本気不倫→離婚→復縁までの道のりを書き綴ってみようと思っています…
不倫サレ、離婚、復縁し、現在再構築中?いやもう再構築成功か!?といった感じです。

今は働いているので、更新はメッチャクチャ遅いだろうけど、思い出して辛くなる事もあるだろうけど、過去を整理しながら、昔の自分にもう大丈夫だよと言えるように、完結していこうと思います(^O^)

現在は、不倫しやがった旦那も更正し(もう信用したくても出来ないけどねっむかっって思いもなきにしもあらずですが…)私も離婚の経験から、自立を身につけ、同じ相手と2回目の結婚で家族を再スタートしております☆★

"雨降って地固まる"で、今は家族3人幸せに暮らしております♪

不倫をされて傷ついている人、頑張れ!!
真面目に生きていれば、必ず、道は拓けます!!






自由が利くから主婦でも稼げる/ガールズチャット

女性の為の在宅ワーク/ガールズチャット

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
FC2
現在の閲覧者数:
line
リンク
line
リンク
line
リンク
line
sub_line
検索フォーム
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。